ブログ

開業準備~名刺作成編~

こんにちは、社会保険労務士・行政書士の前西原 清城(まえにしはら せいじょう)です。

最近は長らくコロナの影響で止まっていた社労士県会、行政書士県会そしてそれぞれ所属している支部研修会等が動き出しました。必須研修は最優先で受けないといけませんし他にもセミナーを多数受けます。そして毎月の雇用調整助成金の申請やスポットでの就業規則作成等の通常業務もありますのでコラム、ブログなかなかアップ出来ませんがぼちぼち上げていきます。

さぁ、ビジネスマンとして必要不可欠の名刺です。

開業前に色々とセミナー等を受けて交流する機会があります。
この時に名刺が無いと自分を知ってもらう機会を失ってしまいますので、開業前であっても、名刺は是非作成することをお奨めいたします。

開業前は当然『社会保険労務士』『行政書士』を名乗ることはできません。
ですから、『有資格者』と明記します。

開業前に作成した名刺がこちらです。









使用する機会は限られており、大量に使用するということは無いので自分で作成しました。
左下にハイビスカスを添えて沖縄感を出してみました。ちょっと女性っぽいですかね(;^_^A

しかし、時は2月・・・
世間がコロナでざわつき始めたころです。
残念ながら新型コロナウイルスの影響でことごとくセミナー等が中止になり、結局使う機会は殆どありませんでした。

開業まで時間があり、セミナーや交流する機会が多い場合は、自分で作成されるより注文した方がいいと思います。納期も2~3日程度ですし、金額も100枚1,000円程度です。

最初に作った開業後用の名刺がこちらです。









名刺に沖縄八重山地方の代表的な織物、ミンサー織(名刺上側の四角の模様)をモチーフにしました。
そして、当事務所のテーマカラー青をベースにしております。

Wordで作成して印刷はネットで印刷料金が最安値だったプリントパックを利用しました。いきなり大量発注するのは危険なので、念のため最初は100枚のみにしました。

出来上がったのをみたら、住所・電話番号の文字が小さすぎましたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
老眼の私では文字が小さく読めませんので作り直しです。割高にはなるのですが100枚にしておいて正解でした。

文字の大きさやQRコードの配置とかその他何か所か修正し、出来上がったのがこちら。











名刺と言えば、白字に黒文字というのが大多数を占めていると思います。

新人社労士・行政書士の私は、先ずは印象に残る事が大事だと思い、差別化を図りました。
実際、名刺交換した際に、体型も名字もだけど、名刺もこれまた『印象的?』等いろんな表現での言葉を頂きましたた。良くも悪くもインパクトはあったみたいです。

と、さも私がデザインしたかのように書いておりますが、この名刺3パターン、全て妻がデザインいたしました。
私的には非常に気に入りましたので、暫くはこのデザインでいこうと思います。

因みに似顔絵は横浜のワールドポーターズの中に、常設の似顔絵作成コーナーがありましたのでそちらを利用して1,700円で書いて頂きました。写真から似顔絵にすることも可能だったのですが値段が一気に高くなりますので直接行って10分位で書いて頂きました。

名刺交換した際、初対面の相手の方からは先ずは似顔絵の話になることが多いです。55歳の中年の親父の顔写真じゃ無くて似顔絵にして大正解だったと思います。この似顔絵は事務所案内、事務所便り、封筒、Webサイトのサイトアイコン等大活躍です(*^。^*)

書いてくれる方が若い女性の方だったのですが、もう一人男性の絵描きさんがいてこれまたタッチの違う良い感じの絵でした。ご参考までにURL貼っておきます。

ワールドポーターズ5F にがおえ shop 星の子

https://www.yim.co.jp/shop/5f020.html